TOP > 大会・研究会等 > 研究例会 / Last update: 2017.2.26

これまでの研究例会

2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 / 2012 / 2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2007 / 2006 / 2005 / 2004 / 2003 / 2002 / 2001 / 2000 / 1999 / 1998 / 1997 / 1996 / 1995 / 1994 / 1993 / 1992 / 1991 / 1990 / 1989 / 1988 / 1987 / 1986 / 1985 / 1984 / 1983 / 1982 / 1981 / 1980 / 1979 / 1978 / 1977
若干、回次に不整合のある箇所(重複、「特別研究例会」を回次に含めるかの差、など)があります。

2017年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
特別2017.6.4 石塚栄二氏(元帝塚山大学教授)案内
328回2017.4.24「「図書館は“つなぎます!”」〜三重県南部 中山間地域小規模図書館20年の歩み〜」林千智氏(三重県多気町立勢和図書館)案内

2016年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
327回2017.3.5「「日本目録規則(NCR)2018年版」(仮称)関西検討集会」 案内
326回2017.1.22「ウェブスケールディスカバリーの運用とその展開可能性」飯野勝則氏(佛教大学図書館専門員)案内
325回2016.12.10「瀬戸内市民図書館「もみわ広場」見学」 案内
324回2016.11.19「ウィキペディア・タウンによる図書館の郷土資料活用」青木和人氏(Code for山城,オープンデータ京都実践会代表,立命館大学院公務研究科講師)記録案内
323回2016.7.30「「第11回日中国際図書館学セミナー(第8回上海国際図書館フォーラム)」報告」北村由美氏(京都大学附属図書館研究開発室)記録案内
322回2016.6.27「枚方市の学校図書館教育充実事業についての報告」学校図書館研究グループ 市川直美氏(枚方市立中央図書館)記録案内
特別2016.6.5「地方における生涯学習の視点からの図書館づくりの到達点と課題〜大分・長崎・滋賀・三重・和歌山での実践を通して〜」渡部幹雄氏(和歌山大学附属図書館長)記録案内
320回2016.5.28「図書館史料の間歇に関する一検討」園田俊介氏(津島市立図書館)記録案内

2015年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
319回2016.3.3「「図書館利用者の情報行動の傾向及び図書館に関する意識調査」の概要と調査結果の利活用」阿部健太郎(国立国会図書館関西館図書館協力課調査情報係長)記録案内
318回2016.1.30「高齢者福祉施設訪問サービス「元気はいたつ便」〜図書館から届けたい本と元気〜」河合美奈子(田原市立中央図書館)案内
317回2015.12.21「情報検索資格とその活動域〜INFOSTAの情報検索試験を中心に〜」都築泉(元大阪工業大学)記録案内
ワークショップ2015.8.30「学校図書館専門職員制度化の課題について考える」 記録案内
316回2015.7.17「活発化する読書条例の制定について」日置将之(大阪府立中央図書館)記録案内
315回2015.6.27「図書館職の記録研究グループ研究成果『図書館から,図書館を超えて:視覚障害学生との出会い,DAISY,国際貢献』について」深井耀子(椙山女学園大学名誉教授)、浜口美由紀(独立行政法人国際交流基金関西国際センター図書館)記録案内
特別2015.6.7「図書館トリニティの時代から揺らぎ・展開の時代へ」川崎良孝(京都大学名誉教授,日本図書館研究会前理事長)案内
313回2015.4.17「地域情報発信のありかたについて−「思い出のこし」と「戦国時代を舞台にした歴史小説:calilリンクつき」の事例より−」相宗大督(大阪市立住之江図書館)記録案内

2014年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
312回2015.3.16「デジタル文書のDAISY化:クラウド型音訳支援システム「DaisyRingsTM」を用いて」沖田克夫(桃山学院大学兼任講師)記録案内
311回2015.1.24「ミニ・ワークショップ−近未来、たとえば2030年の図書館像の想定とそこへの道筋についての模索」山本順一(桃山学院大学経営学部)記録案内
310回2014.12.18「「ししょまろはん」:図書館職員の自主学習グループによるオープンデータ活用事例」是住久美子(京都府立図書館)記録案内
309回2014.11.15「増える図書資料にどんな手を打つか:保存と開架」坂口勝春(アジア図書館)記録案内
308回2014.9.27「国立国会図書館デジタル化資料送信サービスの概要と今後の展望」田中敏(国立国会図書館関西館電子図書館課)案内
307回2014.6.25「江北図書館見学会」 案内 
306回2014.6.25「『大阪府下の学校図書館に関する研修の現状調査』からの考察」谷嶋正彦(学校図書館研究グループ,大阪信愛女学院図書館)記録案内
特別2014.6.1「これからの日本図書館協会」森茜(日本図書館協会理事長)記録案内

2013年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
304回2014.3.29「少年院・少年鑑別所の読書環境について:「少年院・少年鑑別所における読書環境等に関する調査」報告」日置将之(児童・YA図書館サービス研究グループ)記録案内
303回2014.3.11「日本十進分類法(NDC)新訂10版試案」関西説明会  記録案内
302回2014.1.25「若手研究者の文献利用環境を巡る問題と図書館へのニーズ」崎山直樹(千葉大学普遍教育センター),菊池信彦(国立国会図書館関西館)記録案内
ワークショップ2013.12.7「都道府県立図書館のあり方を考える」 記録参加者体験記案内
301回2013.11.24「戦後図書館関係資料の保存に関する検討:石塚栄二氏所蔵資料を中心に」志保田務(桃山学院大学),石塚栄二記録案内
300回2013.9.14「刊行資料から探る災害・復興と男女共同参画(中間報告)」木下みゆき(大阪府立男女共同参画・青少年センター)記録案内
299回2013.7.16「図書館システムの調達の方法と課題:成田市立図書館第六次システムの経験から」米田渉(成田市立図書館)案内
特別2013.6.2「図書館旅行の時代」河井弘志(立教大学名誉教授)記録案内
297回2013.4.27「小規模校における学校図書館活用授業の実践」大平睦美(京都産業大学)記録案内

2012年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
296回2013.3.15「学校図書館と公共図書館との連携-大阪府下学校図書館現状調査からの考察」飯田寿美(学校図書館研究グループ)記録案内
295回2013.1.11「図書館に関係する最近の著作権法の改正」南亮一(国立国会図書館関西館)案内
294回2012.12.12「高齢者一人一人の公共図書館へのニーズ」加藤ひろの・村林麻紀(読書調査研究グループ)記録案内
293回2012.10.13「図書館職の記録研究グループからの中間報告(その2):図書館職のライフ・ライティング『ゾイア!…』をめぐって」田口 瑛子 (京都精華大学名誉教授) 記録案内
292回2012.9.29「矯正施設における読書環境について:図書館との関わりを中心に」日置将之 (大阪府立中央図書館) 記録案内
291回2012.7.25「大阪市立図書館の電子書籍サービス−知識創造型図書館をめざして−」岡本泰子(大阪市立中央図書館) 案内
290回2012.6.30「公立図書館におけるレファレンスサービスの現在」渡邉斉志(国立国会図書館関西館) 記録案内
特別2012.5.27「私の図書館人生を顧みて:若い図書館員に知っておいてほしいと思うこと」伊藤 昭治(日図研監事) 記録案内
288回2012.4.21「2011年,図書館はどのように言及されたか :『夜明けの図書館』(埜納タオ),「図書館に通う」(宮田昇)を中心に 」佐藤 毅彦(甲南女子大学) 記録案内

2011年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
287回2012.3.24「枚方市立図書館第2次グランドビジョンについて 」大本 英治(枚方市立中央図書館長) 案内
286回2012.1.29「図書館ICT基礎知識−IPA報告書を読もう!−」上原哲太郎(NPO法人情報セキュリティ研究所) 記録案内
285回2011.12.19「米国大学図書館におけるライティング・センターの役割について」川崎 安子(武庫川女子大学附属図書館)記録案内
284回2011.10.18「震災復旧・復興支援のための著作権法上の課題への対応とその総括」常世田 良(日本図書館協会)記録案内
283回2011.9.10「日本における電子書籍に関する図書館政策の動向」湯浅 俊彦(立命館大学)記録案内
282回2011.7.22「知的障害や自閉症の人たちへわかりやすさを提供する図書館サービス −図書館利用案内のLL(やさしく読める)リライト−」藤澤 和子(京都府立南山城支援学校)記録案内
281回2011.6.18「目撃せよ!紙片が宝に変わる瞬間(とき)−図書館員のアーカイブ資料探検−」井上 真琴(同志社大学)記録案内
特別2011.5.29「図書館の公契約基準の提起―図書館員の専門性蓄積と雇用安定のために 」松岡 要(日本図書館協会事務局長)記録案内
279回2011.4.9「図書館のサービス空間:アメリカにおける大学図書館サービス」鎌田 均(アリゾナ大学日本研究司書)記録案内

2010年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
278回2011.3.12「オーストラリアの学校図書館−シドニー・ブリスベンの学校図書館視察報告」大平睦美(堺市教育委員会)記録案内
277回2011.1.10「岡崎市立図書館Librahack事件から見えてきたもの」新出(静岡県立中央図書館)、上原哲太郎(京都大学)記録・資料案内
276回2010.12.11「探究的な学習を支援する学校図書館」片岡則夫(清教学園中・高等学校探究科)案内
275回2010.10.21「地域主権時代の公立図書館政策を考える」嶋田学(東近江市図書館)記録案内
274回2010.9.25「国立国会図書館の遠隔研修について」日置将之(国立国会図書館関西館)記録案内
273回2010.7.9「公立図書館職員による学校図書館ボランティア活動とその後」松井一郎(枚方市役所)記録案内
272回2010.6.26「より有効なパスファインダーを作成するために」篠原由美子(松本大学)記録案内
特別2010.5.30「図書館における知的自由の動向と領域」川崎良孝(京都大学)案内
270回2010.4.25「美原図書館のあゆみとボランティア活動」奥田歌世子(美原読書の会)、辻野久代(美原図書館)案内

2009年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
269回2010.3.12「「図書館職の記録研究グループ」からの中間報告」北野康子ほか記録案内
268回2010.1.16「「図書館は成長する有機体である」を実践する―住民参加の図書館づくりから16年、熊取図書館の軌跡―」小谷恵子(元・熊取図書館長)記録案内
267回2009.12.5「私たちが望む図書館−岐阜県図書館民営化問題に関わって−」寺澤裕子(岐阜・図書館の未来を考える会)記録案内
266回2009.10.9「大阪府立中央図書館における盲ろう者へのパソコン利用支援と米国の盲ろう者」杉田正幸(大阪府立中央図書館)記録案内
265回2009.9.24「大学における図書館学省令科目改定について」志保田務(日本図書館協会図書館学教育部会)記録案内
264回2009.7.8「健康情報と図書館」常世田良(日本図書館協会)記録案内
263回2009.6.20「新しい経営手法による図書館運営を模索して」谷合佳代子(財団法人大阪社会運動協会)記録案内
特別2009.5.31「図書館法の60年と現在」塩見昇 (日本図書館協会)案内
261回2009.4.14「図書館とアーカイブズをいかに「つなぐ」か」古賀崇(京都大学)記録案内

2008年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
260回2009.3.21「「自己形成スキル」に見る図書館教育の試み」川崎千加(大阪女学院大学・短期大学) 記録案内
259回2009.2.12「読書のすすめに携帯を生かす」深井耀子(椙山女学園大学) 記録案内
258回2008.12.10「公共図書館と学校図書館の連携」中村由布(学校図書館研究グループ) 記録案内
257回2008.11.28「公共図書館における法情報サービス」山本順一(桃山学院大学) 記録案内
256回2008.9.27「石井桃子さん―作家、翻訳者、編集者、こども文庫の実践者、そして100歳まで現役だった大先輩」三宅興子(梅花女子大学名誉教授) 記録案内
255回2008.7.17「2008年図書館法の改正とこれからの課題」塩見昇(日本図書館協会理事長) 記録案内
254回2008.6.20「ハーバード日記 : 司書が見たアメリカ」江上敏哲(国際日本文化研究センター) 記録案内
特別2008.5.25「自治体活動を展ばす公共図書館の支援」常世田良 (日本図書館協会)、網浜聖子(鳥取県立図書館) 記録案内
252回2008.4.18「図書館職員の研修で押さえておかねばならないこと」伊藤昭治記録案内

2007年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
251回2008.3.14「学術機関リポジトリへの取組―大阪教育大学の事例―」上野恵(大阪教育大学附属図書館)報告案内
250回2008.1.24「BMの果たした役割を振り返る−松原市民図書館の33年」西村一夫(松原市民図書館)報告案内
249回2007.12.12「公共図書館の力よ、すべての国民にとどけ!:フィンランドの図書館2007年9月」稲垣房子(関西大学非常勤講師)報告案内
248回2007.10.18「メディアの活用が児童の学習効果と教師の指導方法に及ぼす効果の一考察」平井尊士(兵庫大学)報告案内
247回2007.9.28「小さな企業内資料室だから出来た事」石川敦子(乃村工藝社情報資料室)報告案内
246回2007.8.4「情報リテラシー科目と個別学習空間としての図書館」小松泰信(大阪女学院大学)報告案内
245回2007.6.29「館種を越えたネットワークがめざすもの」高橋和子(元日本生命保険相互会社附属文研図書館)報告案内
特別2007.6.3「教育改革と学校図書館」森田英嗣 (大阪教育大学) 案内
243回2007.4.27「「選書ツアー論議」のおかしさ」田井郁久雄(広島女学院大学)報告案内

2006年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
242回2007.3.9「"図書館"につながる魅惑の本と図書館用語」志保田務(桃山学院大学経営学部)、 藤間真(桃山学院大学経済学部)報告案内
241回2007.1.26「公共図書館と学校図書館の連携−さいたま市の事例より」市川直美(枚方市立中央図書館)、 谷嶋正彦(大阪信愛女学院図書館)報告案内
240回2006.12.1「患者図書室/患者情報室等の現状と課題」杉本節子(大阪市立大学大学院博士後期課程) 案内
239回2006.10.10「志智嘉九郎論」伊藤昭治 報告案内
238回2006.9.26「IFLAソウル大会参加報告」天野絵里子(京都大学附属図書館)、夘滝清春(大津市立和邇図書館)、浜口美由紀(国際交流基金関西国際センター図書館)、渡邊隆弘(帝塚山学院大学) 報告案内
237回2006.7.22「平成の図書館を考える」天谷真彰(滋賀図書館情報学研究所) 報告案内
236回2006.6.28「CIPA合憲判決とCOPA違憲判決の検討」高鍬裕樹 (大阪教育大学) 報告案内
特別2006.5.28「図書館と著作権」名和小太郎 (国際大学GLOCOM客員教授) 案内
234回2006.4.14「貸出が多いことは,私たちの誇りです」喜多由美子 (八尾市立図書館)案内

2005年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
233回2006.3.11「目録情報と著者の権利」坂本博 (国立国会図書館関西館)案内
232回2006.1.16「船橋市西図書館蔵書廃棄事件判決の位置づけと法理論」前田稔 (東京学芸大学)案内
231回2005.12.20「国立国会図書館におけるネットワーク系電子情報への取り組み」足立潔 (国立国会図書館関西館)報告案内
230回2005.11.29「海外の図書館司書のための日本語教育」亀井元子 (国際交流基金関西国際センター)報告案内
229回2005.9.28「図書館における録音図書サービスとデジタル化」立花明彦 (静岡県立大学短期大学部)案内報告
228回2005.7.26「校務分掌から見た学校図書館の役割と現状に関する一考察」大平睦美 (賢明学院図書室)報告案内
特別2005.5.29「図書館と知的自由―自由宣言50年」三苫正勝 (日本図書館協会・図書館の自由委員会委員長) 報告案内
226回2005.4.26「地域に根づく図書館をめざして−滝野町図書館の実践」直井勝 (滝野町図書館)報告案内

2004年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
225回2005.3.25「冊子『デジタル情報資源の検索』を作成して」高鍬裕樹(大阪教育大学)報告案内
224回2005.1.28「《誌上討論》「現代社会において公立図書館の果たすべき役割は何か」を読んで考えたこと−根本氏、糸賀氏の論文に対する素朴な疑問」村林麻紀(八尾市立志紀図書館)案内
223回2004.12.9「第3回国際図書館学セミナー(上海)シンポジウム「創造的な生き方を支える図書館活動(事業)を考える」参加の報告」木下みゆき(大阪府立女性総合センター)案内
222回2004.11.25「大阪市立図書館の予約システムの現状」高橋俊郎(大阪市立中央図書館)案内
221回2004.10.6「図書館員の技量の絶え間ない発達を求めて」クラウス・ライヒェルト(ハンブルグ応用科学専科大学)案内
220回2004.9.28「学校図書館と公共図書館の連携について―大阪市、西宮市の事例を通して―」土居陽子谷嶋正彦(大阪信愛女学院図書館)報告案内
219回2004.8.2「日本在住フィリピン人向けの図書館サービスについて考える」明石浩(福山市北部図書館)案内
218回2004.6.4「NPO法人日本医学図書館協会のヘルスサイエンス情報専門員認定資格について」島文子(京都大学医学図書館)案内
特別2004.5.30「PFIと図書館:一つの可能性として」柴田正美(帝塚山大学)報告案内

2003年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
217回2004.2.25「弱視者への図書館サービスについての一考察」福西敏文(大阪市立盲学校)報告案内
216回2003.11.20「“メディアにおける図書館のイメージ”研究の現況」佐藤毅彦(甲南女子大学)案内
215回2003.11.20司書の職務特性について川崎千加(羽衣国際大学)案内
214回2003.10.2「図書館の自由に関する宣言1979年改訂」解説の改訂について三苫正勝(日図協図書館の自由委員会委員長)案内
213回2003.6.19「VASCODA:情報のためのポータルサイト」ほかウーヴェ・ローゼマン(ハノーファー大学図書館)ほか報告
特別2003.6.1著作権の改正動向について酒川玲子(日図協参与) 
212回2003.4.14アメリカ学校図書館裁判にみる思想の自由前田稔(筑波大学大学院) 

2002年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
212回2003.3.28「アメリカの図書館と知的自由:過去と現在」「大学図書館員の専門性について」ルイーズ・ロビンズ(ウイスコンシン大学)、川崎良孝(京都大学) 
211回2003.1.30『アメリカ図書館史に女性を書きこむ』を訳して田口瑛子(京都精華大学) 
210回2002.12.9点字図書館サービスの動向とその意味について−韓国の現状把握を中心に−金智鉉(京都大学大学院) 
209回2002.9.27「貸出」は図書館も出版文化も発展させる田井郁久雄案内
208回2002.8.1「利用者の生活の中での図書館」「大学図書館の変容・利用者・利用教育」ウェイン・A.ウィーガンド(ウイスコンシン大学)、川崎良孝(京都大学) 
特別2002.6.2これからの国立国会図書館の活動について:関西館の開館を迎えて安江明夫(国立国会図書館関西館) 

2001年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
206回2002.2.15国際子ども図書館の現状と今後の活動について坂本博(国際子ども図書館) 
205回2002.1.29大阪府立図書館における図書館情報システムについて小松雅明(大阪府立中央図書館) 
204回2001.11.28乳幼児に対する図書館サービスについて脇谷邦子(大阪府立中央図書館) 
203回2001.9.27京都府立図書館見学会案内
202回2001.7.27『いま,市民の図書館は何をすべきか』を刊行して馬場俊明(甲南大学)、井上眞澄(草津市立図書館)、國松完二(滋賀県立図書館) 
201回2001.6.21障害者サービスは21世紀の図書館を変革する前田悦子(堺市立中図書館)案内
特別2001.5.20これからの図書館を考える塩見昇(大阪教育大学) 案内
200回2001.5.16大学生の読書実態とメディアの利用寒川登(大阪教育大学附属図書館)案内
199回2001.4.26公共図書館と学校図書館の連携−羽曳野市と市川市の事例より市川直美(枚方市立香里ヶ丘図書館)
羽深希代子(箕面市立第二中学校図書館)
 

2000年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
197回2001.1.25OPACの導入で予約はどう変わったか杉田建治、篠原正彦(堺市立中央図書館) 
196回2000.12.19「望ましい基準」を考える前田章夫(大阪府立中之島図書館) 
195回2000.12.1美原町立図書館見学会  
194回2000.9.29図書自動貸出機の導入と公立図書館経営の方向性について佐藤毅彦(甲南女子大学)
谷本達哉(羽衣学園短期大学)
案内
193回2000.7.28非営利公益市民活動団体(NPO)と公共図書館との協働を考える岩重敏子、新井せい子(人と本を紡ぐ会:箕面市) 
192回2000.6.23中国公共図書館利用を有料することについて徐志民(京都大学大学院) 
特別2000.5.28この時,何をすべきか前川恒雄(元甲南大学)  
190回2000.4.21『公立図書館の役割を考える』を出版して村岡和彦(読書調査研究グループ) 

1999年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
189回2000.3.24「児童サービス論」必修化にともなう調査報告中西美季(神戸市外国語大学非常勤講師)、井上靖代(京都外国語大学) 
188回2000.1.20フィルターソフトとアメリカの図書館川崎良孝(京都大学) 
187回1999.12.3『ちびくろサンボ』絶版の経過と問題点灘本昌久(京都産業大学) 案内
186回1999.11.19三郷町立図書館見学会 案内
185回1999.10.22図書館はどう見られてきたか−メディアに登場する図書館のイメージ佐藤毅彦(甲南女子大学) 
184回1999.7.28留学生への図書館サービスを考える前川敦子(大阪教育大学附属図書館) 案内
183回1999.6.18『ボストン市立図書館100年史』を翻訳して川崎良孝(京都大学)案内
特別1999.5.30地域電子図書館構想と「無料原則」のゆくえ糸賀雅児(慶応義塾大学教授)案内
181回1999.4.23学校図書館と公共図書館の連携について清水理恵(箕面市立萱野小学校図書館)案内

1998年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
180回1999.3.26東アジアの図書館事業呉建中(上海図書館) 
179回1999.1.29全世界からの専門分野別日本語研修生のための図書館山田伸枝 (国際交流基金関西国際センター図書館)案内
178回1998.12.10多文化サービス実態調査1998・中間報告村岡和彦(大阪市立中央図書館)案内
177回1998.11.24大阪府立図書館の連絡車、この一年脇谷直博(大阪府立中央図書館)案内
176回1998.10.26大学図書館の資料構成と全国ネットワークJ.フライターク(前フンボルト大学図書館学科教授) 案内
175回1998.7.18関西学院大学図書館施設見学 案内
174回1998.6.23インターネットにおける分類の利用吉田暁史(帝塚山学院大学)案内
特別1998.5.31図書館をめぐる今日的状況酒川玲子(日本図書館協会)案内

1997年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
172回1998.3.26児童サービス観の変遷加藤ひろの(吹田市立山田図書館)案内
171回1998.1.2810年目の生野図書館『韓国・朝鮮図書コーナー』矢野明子(大阪市立生野図書館)案内
170回1997.12.11司書養成課程に、学校図書館の紹介ビデオをどう活用するか佐藤毅彦(羽衣学園短期大学)案内
169回1997.11.25容疑者少年の顔写真が掲載された『フォーカス』と『週刊新潮』の取り扱いについて三苫正勝(夙川学院短大) 案内
168回1997.9.25学校図書館の現場から北村幸子(羽曳野市立高鷲南小学校)案内
167回1997.7.22『こうすれば利用がふえる:公立図書館の経営』で主張したいこと伊藤昭治(阪南大学)案内
166回1997.6.26大学図書館の組織機構の現状と課題寒川登(大阪教育大学附属図書館)案内
特別1997.6.26国の政策の転換と町村図書館糸賀雅児(慶應義塾大学文学部)案内
164回1997.4.18外国人への資料提供を始めて森家さち子(大阪市立中央図書館) 案内

1996年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
163回1997.1.24大阪市立中央図書館見学会  
162回1996.12.2上海図書館訪問記若井勉(立命館大学) 
161回1996.10.11第62回IFLA北京大会参加報告前川和子(大谷女子大学図書館) 
160回1996.9.26大阪府立中央図書館見学会  
159回1996.7.24今回の「学校図書館法改正」の内容と課題二宮博行(尼崎北高校) 
158回1996.6.7ギャリソン著『文化の使徒』をどう読むか田口瑛子(京都精華大学) 
特別1996.5.19図書館と建築と私鬼頭梓(鬼頭梓建築設計事務所) 
156回1996.5.10熊取町立図書館見学会  

1995年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
155回1996.3.15『多文化社会図書館サービスのための世界の新聞ガイド』作成の経緯とその意義小林卓(大阪教育大学) 
154回1996.1.30『公立図書館の任務と目標 解説』増補版について塩見昇(大阪教育大学) 
153回1995.12.8住民のための図書館経営とは何か:公立図書館は望みのものを提供する山本昭和(神戸市立長田図書館) 
152回1995.11.24NCR新訂9版説明会石山洋、相原信也(JLA分類委員会) 
151回1995.9.91994ユネスコ公共図書館宣言:改訂の特徴とねらい村上泰子(立命館大学図書館) 
150回1995.7.13学校、および地域との連携をめざして宮城政子(大阪市立東淀川図書館) 
特別1995.6.4国立国会図書館関西館の構想をめぐって大滝則忠(国立国会図書館) 
149回1995.5.25『完全自殺マニュアル』の予約をめぐって土居陽子(西宮東高校) 
148回1995.4.21地震災害と図書館:阪神大震災における図書館被害の諸相篠塚宏三(大阪工業大学) 

1994年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
147回1995.3.25図書館における読み書きサービスの試み矢部弘毅(京都ライトハウス点字図書館) 
146回1995.1.26トロント市立図書館の多文化サービス:多文化主義(政策)論争を背景に深井耀子(阪南大学) 
145回1994.12.6「学校図書館講座」を通して、学校図書館職員の研修および専門性を考える北村幸子(学校図書館を考える会・近畿) 
144回1994.11.19立命館大学メディアセンター見学会  
143回1994.10.20ほんものの図書館を考える:守口市の委託問題を通して池田哲士(守口市職員労働組合) 
142回1994.9.3整理ツールの新時代志保田務(桃山学院大学) 
141回1994.7.19図書館で働く非正規職員:大阪府下公立図書館調査報告より喜多由美子(八尾市立図書館) 
特別1994.5.29司書をめぐる政策動向栗原均(日本図書館協会) 
140回1994.4.26YAサービスの実態調査報告井上靖代(京都外国語大学) 

1993年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
139回1994.3.15カリキュラム改訂案骨子柴田正美(三重大学) 
138回1993.12.2向井克明(神戸市立三宮図書館) 
137回1993.10.21アメリカ・カナダの公共図書館:建築と外国語資料収集を中心に森家さち子(大阪市立島之内図書館) 
136回1993.9.22ネパールの公共図書館と識字事情:スライドを中心に山田伸枝(大阪樟蔭女子大学図書館)、伊藤昭治(茨木市立図書館) 
135回1993.7.28大阪の公立図書館を考える拝田真紹(前・松原市民図書館) 
134回1993.6.15NCR1987年版改訂版の進行:その概要状況の検討志保田務(桃山学院大学)、今西由美子(摂南大学図書館) 
特別1993.6.6森耕一さんと図書館:彼の業績を語る前川恒雄(甲南大学)、志保田務(桃山学院大学)、天満隆之輔(羽衣学園短大) 
133回1993.4.20在住外国人利用者の図書館利用:調査報告福井聖子(松原市民図書館)、長谷川文子(神戸市立中央図書館) 

1992年度

芝勝徳(神戸市立中央図書館)
回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
132回1993.3.31利用者指向の図書館とは:ボルチモア・カウンティー図書館を中心に山本昭和(神戸市立中央図書館) 
131回1993.1.21川西市民の読書実態と図書館像佐藤毅彦(羽衣学園短期大学) 
130回1992.12.8図書館多重ネットワーク時代の現状と展望北克一(摂南大学図書館) 
129回1992.11.24「望ましい基準」を生かすには三苫正勝(枚方市立図書館) 
128回1992.10.20NDC9版への進行状況と問題点田村俊明(大阪市立大学図書館) 
127回1992.7.11大阪教育大学図書館の見学とサービス目標を聞く寒川登(大阪教育大学図書館) 
特別1992.6.7『図書館はいま:白書・日本の図書館1992』を読んで横田賢一(山陽新聞)、赤瀬美穂(京都産業大学図書館)、黒見泰子(阪南市子ども文庫連絡会) 
126回1992.4.25茨木市立図書館新館見学伊藤昭治(茨木市立図書館) 

1991年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
125回1992.3.26子どもは、こんなふうに本を選んでます:図書館での観察記録より児玉美穂(甲南小学校) 
124回1992.1.23枚方市立図書館における障害者サービスの実践岡室公平(枚方市立津田図書館) 
123回1991.12.12図書館資料としてのAV資料:松原市民図書館におけるCDへの取り組み松原市民図書館AV選定委員会 
122回1991.11.9図書選択論の切り口を考える伊藤昭治(茨木市立図書館) 
121回1991.10.3『図書館の原則』について川崎良孝(椙山女学園大学) 
120回1991.7.10『公立図書館の職員像:大阪府下公立図書館アンケート調査報告書』をまとめて前田秀樹(JLA図書館員の問題調査研究委員会) 
119回1991.6.26OPACにおける著者目録・書名目録の機能について北克一(摂南大学図書館) 
特別1991.6.2鼎談「いい図書館を作るために:3つの市町での図書館建設準備担当者に聞く」伊藤昭治(茨木市図書館準備室)、小谷恵子(熊取町図書館準備室)、沢谷とし子(湖東町図書館準備室) 
118回1991.4.20黒田麹蘆と大蔵経:明治前半期の一啓蒙思想家と佛教教典一般化の一断面渡邊顯信(大谷大学図書館) 

1990年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
117回1991.3.15ネパールにみる識字教育の現況山田伸枝(大阪樟蔭女子大学図書館) 
116回1991.1.25中国の図書館事情について:上海の図書館見学記馬場俊明(京都産業大学図書館) 
115回1990.12.7『図書館界』への感想や期待を語り合う夕べ研究委員会 
114回1990.11.21「図書館マンガ」小考宮田英二(大阪市立旭図書館) 
113回1990.10.20尼崎市立中央図書館見学会藤井千年(尼崎市立図書館) 
112回1990.7.20国立国会図書館関西館(仮称)へのいくつかの課題と期待拝田真紹(松原市民図書館) 
111回1990.6.22米国学校図書館メディア・プログラムの新しいガイドラインについて渡辺信一(同志社大学) 
特別1990.5.20合同討論「知的自由と図書館:塩見昇著『知的自由と図書館』を素材に」池田知隆(毎日新聞)、酒井忠志(京都府立大学図書館)、塩見昇(大阪教育大学) 
110回1990.4.7図書館の多文化サービスの現在と未来:JLA多文化サービス実態調査の分析から河村宏(東京大学総合図書館) 

1989年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
109回1990.3.17アメリカ公立図書館と識字プログラム:歴史的概観川崎良孝(椙山女学園大学) 
108回1990.1.17多文化時代の再評価問題:『ちびくろ・さんぼ』をきっかけに村岡和彦(大阪市立中央図書館) 
107回1989.12.7戦後日本における学校図書館の発達(第1講)尾原淳夫(金蘭短期大学) 
106回1989.11.11甲西町立図書館見学会梅沢幸平(甲西町立図書館) 
105回1989.10.13図書館員の共通教養としての「情報管理」論柴田正美(三重大学) 
104回1989.7.14柏原市立図書館の病院サービス八幡敏明(柏原市立図書館) 
103回1989.6.20公立図書館経営の比較:館長の司書資格の有無から見た信田昭二(大手前女子大学) 
特別1989.5.21パネルディスカッション「国立国会図書館関西館(仮称)への期待」  
102回1989.5.20奈良大学図書館見学会矢野有(奈良大学図書館) 
101回1989.4.27「ひらかた・子どもの本フォーラム:子ども・本」を実施して川上博幸(枚方市立図書館) 

1988年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
100回1989.3.30望ましい収集方針のあり方(2)前田悦子(収集方針研究グループ) 
99回1989.1.27利用者の資料要求の分析:予約図書を中心として山本昭和(神戸市立中央図書館) 
98回1988.12.6J-BISCを使った整理業務加藤登(大阪教育大学図書館) 
97回1988.11.25小学校への図書館オリエンテーション:松原市における「学校への図書館紹介」の実践河田隆、福井聖子(松原市民図書館) 
96回1988.10.15学校図書館における予約サービスを考える土居陽子(西宮東高校) 
95回1988.9.13トルコで視た3図書館の遺跡志智嘉九郎(元・神戸市立図書館) 
94回1988.7.19『新しい時代(生涯学習・高度情報化の時代)に向けての公共図書館の在り方について』を読んで深井耀子(阪南大学) 
93回1988.6.21知る権利とプライバシーの擁護:アメリカ図書館界における貸出記録をめぐる二つの権利の確執塩見昇(大阪教育大学) 
92回1988.5.24望ましい収集方針のあり方前田悦子(収集方針研究グループ) 
特別1988.4.24『われらの図書館』(前川恒雄著)をめぐって小木曾眞(名古屋市北図書館)、天満隆之輔(羽衣学園短大)、前川恒雄(滋賀県立図書館) 
91回1988.4.23京都産業大学中央図書館見学会馬場俊明(京都産業大学図書館) 

1987年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
90回1988.2.18大阪府下公立図書館職員アンケート調査から(中間報告)前田秀樹(寝屋川市立東図書館) 
89回1988.1.21タンザニアの公共図書館:Moshi Regional Libraryを見て山田伸枝(大阪樟蔭女子大学図書館) 
88回1987.12.18件名による主題索引システム:PRECISの特質吉田暁史(帝塚山学院大学) 
87回1987.11.16NCR1987年版と書誌階層規定:批判と展望志保田務(桃山学院大学) 
86回1987.10.24宝塚造形芸術大学図書館見学会中西和夫(丸善) 
85回1987.9.29本探し奮戦あれこれ松井一郎(枚方市立山田図書館) 
84回1987.7.17著作権の集中処理機構(書協案)を中心に前田章夫(大阪府立中之島図書館) 
特別1987.6.7統一MARCへの将来展望栗原均(日本図書館協会) 
83回1987.5.12大阪における学校図書館の現状と課題村田正廣(松原市立松原中学校) 
82回1987.4.14森耕一著『公立図書館の歴史と現在』合評会前川恒雄(滋賀県立図書館)、三苫正勝(枚方市立図書館)、山口源治郎(京都大学研究生) 

1986年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
81回1987.3.30聴覚障害者と図書館サービス:参加者の意識を深めていただくために松延秀一(大阪外国語大学図書館) 
80回1987.1.20IFLA第52回東京大会印象座談会森耕一(光華女子大学)、天満隆之輔(羽衣学園短期大学)、深井耀子(阪南大学)、塩見昇(大阪教育大学) 
79回1986.12.6学校図書館史を通して考えること塩見昇(大阪教育大学) 
78回1986.11.25在日朝鮮人に対する図書館サービス/TD>小西萬知子(大阪市立生野図書館)、塚本勲(大阪外国語大学朝鮮語学科) 
77回1986.10.21大阪府に対する図書館網計画中村恭三(大阪芸術大学建築学科) 
76回1987.9.9ヨーロッパにおける「公貸権」の考え方馬場俊明(京都産業大学図書館) 
75回1986.7.22日図協・図書館政策特別委員会の紹介と検討森耕一(京都大学) 
74回1986.6.13市民参加と図書館:大阪子ども文庫連絡会のアンケート調査から中川徳子(雨の日文庫) 
特別1986.5.25国立国会図書館の当面する諸課題をめぐって石山洋(国立国会図書館) 
73回1986.4.28外国人居住者への公立図書館サービスについて:ストックホルム市・オスロ市の事例を中心に深井耀子(阪南大学) 

1985年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
72回1986.3.29新しい大学図書館を考える藤井収(関西大学総合図書館) 
71回1986.1.21MARCによる発注管理西村一夫(松原市民図書館) 
70回1985.11.25IFLAシカゴ大会に参加して渡辺信一(同志社大学) 
69回1985.10.12松原の市民図書館を調査して森実(大阪教育大学) 
68回1985.9.26イギリスにおける子どもの読書傾向とその対策松山雅子(大阪教育大学) 
特別1985.6.9レファレンス・サービスの黎明期:神戸市立図書館での活動をふり返って志智嘉九郎(元・神戸市立図書館) 
67回1985.5.25カナダにおけるエスニック・コミュニティへの公立図書館サービス深井耀子(阪南大学) 
66回1985.4.13滋賀県における文庫の状況渡辺由美(枚方市立図書館) 

1984年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
65回1985.3.3016世紀ドイツの図書館について:マルチン・ルターの図書館思想を中心として森岡秀雄(枚方市立図書館) 
64回1984.12.12CIEからACC、ACCからACへ:図書館と私の30年豊後レイコ(前・大阪アメリカンセンター) 
63回1984.11.10A市立図書館のコンピュータ処理の現状:利用者に関する情報と、その活用を中心として西沢進治(神戸市立中央図書館) 
62回1984.10.13公立図書館の発展とその課題:日本とイギリスの比較森耕一(京都大学) 
62回1984.7.27社会科学系学生の文献利用についての一考察:複数大学における比較検討の試み三浦整(大阪女子大学図書館) 
61回1984.6.9地方自治体における情報公開制度と公立図書館の役割石塚栄二(帝塚山大学) 
特別1984.6.2「図書館の自由に関する宣言」採択30周年記念講演会石塚栄二(帝塚山大学)、西村徹(大阪女子大学) 
60回1984.5.26学校図書館の30年と私澤利政(川西市立久代小学校) 
59回1984.4.21京都大学附属図書館、新館建設の経緯京都大学附属図書館職員 

1983年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
58回1984.3.10アメリカの公共図書館:最近の事情高橋重臣(天理大学) 
57回1984.1.21中小図書館運営の現状と問題点西村直道(彦根市立図書館) 
56回1983.12.19草津市立図書館の現状と課題武内隆恭、中村卓之(草津市立図書館) 
55回1983.12.3カナダの公立図書館事情深井耀子(阪南大学) 
54回1983.10.15神戸市立中央図書館におけるレファレンス・サービスの動向竹島昭雄(神戸市立中央図書館) 
52,53回開催なし
51回1983.7.28中国の社会と図書館あれこれ:大阪=上海友好都市学術交流参加記塩見昇(大阪教育大学) 
50回1983.6.18イギリス分類研究グループ(CRG)における分類理論の展開山田常雄(兵庫教育大学図書館) 
特別1983.5.29図書館振興策について:振興策研究委員会からの中間報告天満隆之輔(羽衣学園短大) 
49回1983.4.23公共図書館の利用調査について佐藤毅彦(京都大学大学院) 

1982年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
48回1983.3.19神戸市立中央図書館における貸出図書の分析伊藤昭治、芝勝徳(神戸市立中央図書館) 
47回1983.1.17読書論の系譜天満隆之輔 
46回1982.12.6『京都の図書館白書1982』について埜上衛(近畿大学)、芝田正夫(関西学院大学)、深井耀子(阪南大学) 
45回1982.11.22図書館と有料制の問題川崎良孝(椙山女学園大学) 
45回1982.10.9ネパールの図書館山田伸枝(大阪樟蔭女子大学図書館) 
44回1982.9.25戦後大学図書館の構造と機能馬場俊明(京都産業大学図書館) 
43回1982.6.19愛知県内の図書館設立運動:明治時代を中心にして加藤三郎(名古屋市名東図書館) 
42回1982.5.30最近の欧米の図書館事情森耕一(京都大学) 
41回1982.4.17マンガと図書館小木曾眞(名古屋市天白図書館) 

1981年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
40回1982.3.13婦人関連資料センターについて井口容子(大阪府婦人会館)、深井耀子(阪南大学)、石野伸子(サンケイ新聞) 
39回1982.1.9最近のアメリカ公立図書館川崎良孝(椙山女学園大学) 
38回1981.12.5第2次世界大戦下の大学図書館:龍谷大学図書館における軍事文庫・勤労奉仕出張文庫の研究成山雅康(龍谷大学図書館) 
37回1981.11.7障害者サービスの歴史渡辺勲(京都府立図書館) 
36回1981.10.3図書館の自由にかかわる事例酒井忠志(京都府立大学図書館) 
35回1981.9.5図書館における標準化原田勝(京都大学) 
34回1981.6.5さわる絵本とその使い方大久保萬知子(大阪市立中央図書館) 
33回1981.5.16書誌レベルと書誌記述大城善盛(京都産業大学図書館) 
32回1981.4.11メディア・センターとその動向渡辺信一(同志社大学) 

1980年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
31回1981.3.9ALA図書館の自由宣言改訂について塩見昇(大阪教育大学) 
30回1981.1.17利用者は図書館をどう使っているか森耕一(京都大学) 
29回1980.12.3アメリカ公共図書館の動向と図書館員川崎良孝(京都大学大学院) 
28回1980.11.12SCAP CIE 神戸インフォメーションセンターを回顧して三田美代子(神戸山手女子短期大学) 
27回1980.10.7言語の分類藤津滋生(関西外国語大学図書館) 
26回1980.9.6アメリカのUCLA研究図書館及びハンチントン図書館を見て感じたこと吉野和夫、渋田義行(龍谷大学図書館) 
25回1980.7.23アンドリュー・カーネギーの図書館思想川崎良孝(京都大学大学院) 
24回1980.6.28子どもの読書と図書館渡辺淑子(園田学園女子大学) 
23回1980.5.14整理委託に対応する図書整理法藤井千年(尼崎市立北図書館) 
22回1980.4.12韓国の図書館事情芝田正夫(関西学院大学) 

1979年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
21回1980.3.15学問史と図書館(続)伊藤数美(大阪教育大学図書館) 
20回1980.1.30図書の非主題分類とその視野埜上衛(近畿大学) 
19回1979.12.8流通事情から見た、外国雑誌の購入契約と未着欠号の諸問題岩本博(京都大学医学図書館) 
18回1979.11.17専門職としてのアメリカ大学図書館司書大城善盛(京都産業大学図書館) 
17回1979.10.3レファレンスの原始期志智嘉九郎(元・神戸市立図書館長) 
16回1979.9.5ALA図書館憲章改訂の動向塩見昇(大阪教育大学) 
15回1979.6.9和紙のできるまで:歴史と製法阪田美枝(同志社女子大学音楽科) 
14回1979.5.15図書館をめぐる法理論について:教育法学的試考志保田務(桃山学院大学) 
13回1979.4.17ロシア人名について吉川直(関西大学図書館) 

1978年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
12回1979.3.24教育科学領域における文献情報処理システムの開発に関する研究北嶋武彦(東京学芸大学) 
11回1979.1.24私と学校図書館尾原淳夫(甲南大学) 
10回1978.11.11学問史と図書館伊藤数美(大阪教育大学図書館) 
9回1978.10.4中国の図書館視察に参加して石塚栄二(帝塚山大学) 
8回1978.9.7現代学生の読書傾向と図書選択のあり方深井耀子(阪南大学) 
7回1978.6.10図書館利用教育をカリキュラムにくみ入れて丸本郁子(大阪女学院短期大学) 
6回1978.5.16コンピューター導入後の図書館から:西宮市立の貸出システムの場合小山雅夫、野中新児(西宮市立図書館) 
5回1978.5.7北欧の図書館視察から(スライド映写)高橋重臣(天理大学) 
4回1978.4.14ランガナタンの図書館学五原則について森耕一(京都大学) 

1977年度

回次 開催日 テーマ 発表者 リンク
3回1978.3.15アメリカ大都市の変貌とそれに対処する図書館活動の進展:out-reach活動を中心に伊藤昭治(神戸市立中央図書館) 
2回1978.1.21デンマークの図書館組織について埜上衛(近畿大学)、長谷川俊英(桃山学院大学司書講習事務室) 
1回1977.5.29ミシガン大学の図書館について渡辺信一(同志社大学) 
注)日本図書館研究会では、1947〜64年の間も「研究例会」を開催していた。このページでは、1977年の再開(回次を新たに付して開催)以降の記録を掲載している。