TOP > 大会・研究会等 > 研究例会 > 2020年度 > Last update: 2020.9.2

第360回研究例会

国立国会図書館令和元年度図書館及び図書館情報学に関する調査研究「地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能に関する調査研究」について


  • 研究例会は会員以外の方も含め、どなたでも自由にご参加いただけます。ぜひお越しください。
  • 事前申込制になります(詳細は以下の案内をご確認ください)。次のウェブフォームからお申し込みください。http://www.nal-lib.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=sanka3

日 時:2020年9月25日(金)19:00〜21:00
会 場:大阪市立難波市民学習センター第2研修室
    大阪市浪速区湊町1-4-1
    http://www.osakademanabu.com/namba/
    地下鉄御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅、近鉄・阪神「大阪難波」駅、
    南海「難波」駅下車、JR「JR難波」駅上
テーマ:国立国会図書館令和元年度図書館及び図書館情報学に関する調査研究「地域の拠点形成を意図した
    図書館の施設と機能に関する調査研究」について
発表者:木下 雅弘氏(国立国会図書館関西館図書館協力課)
要 旨:国立国会図書館が2019年度に実施した「地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能に関する調査研究」
    の概要を報告する。調査研究では、図書館施設に関する文献調査のほか、気仙沼図書館(宮城県)、
    大和市立図書館(神奈川県)、田原市中央図書館(愛知県)、瀬戸内市民図書館(岡山県)、
    伊万里市民図書館(佐賀県)を対象館とした事例調査を行い、各館が地域の拠点としてどのように機能して
    いるかを施設の面から分析した。
参 考:地域の拠点形成を意図した図書館の施設と機能 https://current.ndl.go.jp/report/no18
備 考:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回は定員20名の先着順(9月23日締切)で受け付けることとします。
    参加ご希望の方は、以下のウェブフォームからお申し込みください。
    http://www.nal-lib.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=sanka3
    また、当日はマスク着用の上でご参加いただき、体調に不安がある場合は、決してご無理をなさらないよう
    お願いいたします。
    なお、状況により、集合形式での開催が難しいと判断した場合には、開催方法を変更させていただきます。
    (変更する場合は申込時の連絡先にお知らせします。)