TOP > 研究グループ > 例会等案内 / Last update: 2017.12.26

研究グループ例会等のご案内

日本図書館研究会の各研究グループから寄せられた、研究例会案内等の情報を掲載しています。お問い合わせ等は各グループの連絡先にお願いします。

掲載順は開催日付によります。開催の迫っているものから順に表示しています。


情報組織化研究グループ
2017.12.26掲載

情報組織化研究グループ

日 時:2018年1月20日(土)14:30〜17:00
会 場:大阪学院大学 2号館地下1階04教室
JR東海道線「岸辺」駅または阪急京都線「正雀」駅から徒歩約5分
発表者:蟹瀬智弘氏(紀伊國屋書店)
テーマ:日本目録規則2018年版(NCR2018)条文案のRDAとの比較および今後の展開について
概 要:NCR2018は,2017年2月に条文案が公開されたが,これが相互運用性を担保しているRDAは
       その間にも修正・改訂作業が続けられている。2016年にはFRBR-LRM(Library Reference Model)
       の実体構成を一部に取り入れた上,さらにLRMに対応することが公表された。本発表では,RDAと比較
       しながらNCR2018の特徴を確認するとともに,今後の展開を考えてみたい。

※事前申込は不要です。当日お気軽にご参加下さい。
※問い合わせ:info@josoken.digick.jp(世話人・松井)
※情組研Webサイト:http://josoken.digick.jp/

図書館学教育研究グループ
2017.12.26掲載

図書館学教育研究グループ

日 時:2018年1月20日(土)14:30〜17:00
会 場:龍谷大学大宮学舎南黌101教室 JR京都駅北西,徒歩15分。西本願寺南西隣
テーマ:学校図書館マイスター協会とは
発表者:柴田正美(同協会代表理事,三重大学名誉教授)
概 要:2013年4月に設立された協会は,現職の学校司書の能力認定試験を,東京・大阪等で実施してきたが,
        その目的など十分に周知されていない。2017年11月に東京大学で開いた「学校図書館シンポジウム」
        が文部科学省の「後援」を受けたことで注目をされている。協会の設立経緯などについて,当初から関わり
        をもった立場で解説する。

図書館サービス研究グループ
2017.12.26掲載

図書館サービス研究グループ

日 時:2018年2月10日(土)10:00〜12:00
テーマ:ALAの図書館情報学教育修士プログラムの認定基準とその背景
発表者:大城善盛氏(元同志社大学教授)
(2017年度図書館を学ぶ相互講座第11回との共催)
会 場:大阪府立中之島図書館別館2階
    大阪市北区中之島1丁目2−10
地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

図書館サービス研究グループ
2017.12.26掲載

図書館サービス研究グループ

日 時:2018年3月10日(土)10:00〜12:00
テーマ:メディアとしての学校図書館:勉誠出版『学校図書館への研究アプローチ』への参画をとおして
発表者:大平睦美氏(京都産業大学教授)
(2017年度図書館を学ぶ相互講座第12回との共催)
会 場:大阪府立中之島図書館別館2階
    大阪市北区中之島1丁目2−10
地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

図書館学教育研究グループ
2017.12.26掲載

図書館学教育研究グループ

日 時:2018年3月17日(土)14:30〜17:00
会 場:龍谷大学大宮学舎南黌101教室
テーマ:未定

→ バックナンバー(開催済の情報)