TOP > 研究グループ > 例会等案内 / Last update: 2018.8.31

研究グループ例会等のご案内

日本図書館研究会の各研究グループから寄せられた、研究例会案内等の情報を掲載しています。お問い合わせ等は各グループの連絡先にお願いします。

掲載順は開催日付によります。開催の迫っているものから順に表示しています。


図書館学教育研究グループ
2018.8.31掲載

図書館学教育研究グループ

日 時:2018年9月22日(土)14:30〜17:30
会 場:龍谷大学大宮学舎南黌101教室
    JR京都駅北西徒歩15分 西本願寺南西隣
(アクセス)http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_omiya.html
テーマ:新学習指導要領を学ぶ
発表者:岡田大輔氏(相愛大学)
概 要:新しい学習指導要領は,小学校での英語やプログラミングの導入,「主体的・対話的で深い学び」などの
    変更点はあるが,教育の大枠は以前と同じであると考えられる。
    しかし,細かい修正点は数多くあり,「学校図書館で授業を行う」といった具体的な点で考えれば,現場
    としてはいろいろな対応が求められるだろう。
    今回は,新しい学習指導要領を大きくつかみ,学校図書館への影響を検討する。
問い合わせ:柳 勝文(龍谷大学)
メールアドレス:yanagi@let.ryukoku.ac.jp
*関心がある方はどなたでもご参加ください。

情報組織化研究グループ
2018.8.31掲載

情報組織化研究グループ

日 時:2018年9月22日(土)14:30〜17:00
会 場:大阪学院大学 16号館地下1階03教室
JR東海道本線「岸辺」駅または阪急京都線「正雀」駅から徒歩約5分
※いつもの教室と異なります。ご注意下さい。
テーマ:日本の図書館界におけるbibliographic controlの訳語とその概念の多様性
発表者:今野創祐氏(京都大学文学研究科図書館/同志社大学嘱託講師)
概 要:現代の日本の図書館情報学における目録やメタデータ管理に関わる研究において「書誌コントロール」
    は重要なキーワードとなっている。しかし,この「書誌コントロール」は多義的な概念であり,研究
    者によって意味するところが明確に異なる。「書誌コントロール」は「bibliographic control」の訳
    語である。
    本発表では,日本において「bibliographic control」という用語の訳語と概念が導入された時期であ
    る第二次世界大戦後の占領期から現代に至るまでの,「bibliographic control」という用語の訳語と,
    その訳語が有する概念の多様性を文献調査によって明らかにする。
参 考:今野創祐「日本の図書館界におけるbibliographic controlの訳語とその概念の多様性」『同志社図書
    館情報学』No.27,2017.11,p.95―114.
    https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/25847/?lang=0&mode=0&opkey=
    R153028150027049&idx=2
※事前申込は不要です。当日,お気軽にご参加下さい。
※問い合わせ:info@josoken.digick.jp
 (世話人・松井)
※情組研Webサイト:http://josoken.digick.jp/

愛知研究グループ
2018.8.31掲載

愛知研究例会

日 時:2018年9月26日(水)18:45〜20:45
会 場:名古屋都市センター14階・第4会議室
    (JR・地下鉄「金山」駅南口すぐ)
テーマ:学校司書養成の課題:愛知淑徳大学人間情報学部での実践から
発表者:伊藤 真理氏(愛知淑徳大学)
要 旨:学校図書館の重要性が増している昨今,学校司書の配置が進んでいるものの,その実態は本来あるべき
    形からはまだ遠いように思われる。愛知淑徳大学人間情報学部では,2016年度から学部独自にSMS
    (School Media Specialist)プログラムを立ち上げ,学校司書養成の取り組みを始めた。期せずして
    「学校司書のモデルカリキュラム」が定められたが,大学教育で取り組むには未だ様々な課題の検討が
    必要である。当学部の事例を基に,これからの学校司書養成を考えてみたい。

 発表希望者を求めています。希望者は,要旨100字を添え,下記までご連絡ください。
 発表要旨は,『図書館界』『図問研あいち』『大学図書館問題研究会東海地域グループ会報』に掲載されます。
 愛知研究例会は,6月,7月,10月,11月,12月の5回開催予定です。
[連絡先]
〒462―0037 名古屋市北区志賀町4−60−31
名古屋市北図書館 田中敦司 
 Tel:052―912―8111
 E‐mail:a.tanaka.g8@city.nagoya.lg.jp
〒464―8662 名古屋市千種区星が丘元町17−3
 椙山女学園大学文化情報学部 山本昭和 
Tel:052―781―5964
E‐mail:a-yamamoto@sugiyama-u.ac.jp

図書館サービス研究グループ
2018.5.18掲載

図書館サービス研究グループ

日 時:2018年10月13日(土)10:00〜12:00
テーマ:図書館専門職論:国際比較
発表者:大城善盛氏(元同志社大学)
(2018年度図書館を学ぶ相互講座第7回との共催)
会 場:大阪府立中之島図書館別館2階
    大阪市北区中之島1丁目2−10
    地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanshiryouhozon@yahoo.co.jp

愛知研究グループ
2018.8.31掲載

愛知研究例会

日 時:2018年10月17日(水)18:45〜20:45
会 場:名古屋都市センター14階・第4会議室
    (JR・地下鉄「金山」駅南口すぐ)
テーマ:図書館の貸出数と書店の販売額の関係
    −市町村の全数調査から−
発表者:山本 昭和氏(椙山女学園大学)
要 旨:出版物の売上額の減少が止まらない。この減少の原因は,図書館の無料貸出であるとする意見がある。
    図書館が貸出を控えれば,売上額が伸びるとの憶測もある。
    そうした主張の正当性を検証するために,図書館と書店の両方がある全自治体(約1,200)につい
    て,図書館の貸出数と書店の売上額を調査した。両者には相関がないという結果であった。

 発表希望者を求めています。希望者は,要旨100字を添え,下記までご連絡ください。
 発表要旨は,『図書館界』『図問研あいち』『大学図書館問題研究会東海地域グループ会報』に掲載されます。
 愛知研究例会は,6月,7月,10月,11月,12月の5回開催予定です。
[連絡先]
〒462―0037 名古屋市北区志賀町4−60−31
名古屋市北図書館 田中敦司 
 Tel:052―912―8111
 E‐mail:a.tanaka.g8@city.nagoya.lg.jp
〒464―8662 名古屋市千種区星が丘元町17−3
 椙山女学園大学文化情報学部 山本昭和 
Tel:052―781―5964
E‐mail:a-yamamoto@sugiyama-u.ac.jp

情報組織化研究グループ
2018.8.31掲載

情報組織化研究グループ

日 時:2018年10月27日(土)14:30〜17:00
会 場:大阪学院大学 2号館地下1階04教室
JR東海道線「岸辺」駅または阪急京都線「正雀」駅から徒歩約5分
テーマ:国際日本文化研究センター(日文研)によるWorldCatへの目録情報の登録とWorld Share ILLへの参加に
    ついて
発表者:荒木のりこ氏(国際日本文化研究センター)
概 要:2018年1月,OCLC・紀伊國屋書店との連携により,日文研図書館所蔵資料のうち約30万件分の書誌
    ・所蔵情報をWorldCatに登録した。そのうち書誌情報約17万件は今回新たにWorldCatに収録されたもの
    である。加えてこれまで日文研OPACには無かったヨミのローマ字形データも同時に登録した。また,20
    18年4月よりWorld Share ILLによるILLサービスも本格的に開始した。
本発表では,登録の経緯や数ヶ月経過した現在の状況,そして今回の取り組みの意義について述べる。
参 考:http://topics.nichibun.ac.jp/ja/sheet/2018/02/07/s001/index.html
    http://topics.nichibun.ac.jp/ja/sheet/2018/03/29/s001/index.html
    http://topics.nichibun.ac.jp/ja/sheet/2018/04/16/s002/index.html
    https://mirai.kinokuniya.co.jp/2018/06/4006/
※事前申込は不要です。当日,お気軽にご参加下さい。
※問い合わせ:info@josoken.digick.jp
(世話人・松井)
※情組研Webサイト:http://josoken.digick.jp/

図書館サービス研究グループ
2018.5.18掲載

図書館サービス研究グループ

日 時:2018年11月10日(土)10:00〜12:00
テーマ:I-LISS(国際図書館情報学会)第1回会議(バンコック)を振り返って
発表者:志保田務氏(桃山学院大学名誉教授)ほか学会参加者
(2018年度図書館を学ぶ相互講座第8回との共催)
会 場:大阪府立中之島図書館別館2階
    大阪市北区中之島1丁目2−10
    地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanshiryouhozon@yahoo.co.jp

図書館学教育研究グループ
2018.8.31掲載

図書館学教育研究グループ

日 時:2018年11月17日(土)14:30〜17:30
会 場:龍谷大学大宮学舎南黌101教室
テーマ:未定
問い合わせ:柳 勝文(龍谷大学)
メールアドレス:yanagi@let.ryukoku.ac.jp
*関心がある方はどなたでもご参加ください。

→ バックナンバー(開催済の情報)