TOP > 研究グループ > 例会等案内 / Last update: 2020.7.21

研究グループ例会等のご案内

日本図書館研究会の各研究グループから寄せられた、研究例会案内等の情報を掲載しています。お問い合わせ等は各グループの連絡先にお願いします。

掲載順は開催日付によります。開催の迫っているものから順に表示しています。


図書館サービス研究グループ
2020.5.5掲載

図書館サービス研究グループ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,開催会場が利用できない場合はオンライン研究例会を開催予定。詳細については日本図書館研究会ホームページをご覧下さい。
〈2020年8月研究例会〉
日時:2020年8月22日(土)10:00〜12:00
テーマ:「図書館・まち育て・デモクラシー」
発表者:嶋田学氏(奈良大学)
(2020年度図書館を学ぶ相互講座第6回との共催)
会場:大阪府立中之島図書館別館2階
大阪市北区中之島1丁目2―10
地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

図書館サービス研究グループ
2020.5.5掲載

図書館サービス研究グループ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,開催会場が利用できない場合はオンライン研究例会を開催予定。詳細については日本図書館研究会ホームページをご覧下さい。
〈2020年9月研究例会〉
日時:2020年9月26日(土)10:00〜12:00
テーマ:「図書館・文書館・博物館の連携をめぐる現状と課題:文書館・博物館領域
     での日本の新たな政策動向を踏まえ」
発表者:古賀崇氏(天理大学)
(2020年度図書館を学ぶ相互講座第7回との共催)
概要:
 図書館・文書館・博物館の連携は、MLA連携ないしLAM連携などと呼ばれ、国際
的に、また日本含め各国において議論と実践が成されてきた。その中で、日本に
おいては以下のような新たな政策動向が生じている。
 (1)国立公文書館は、2018年12月に確定した「アーキビストの職務基準書」に基
づき、「アーキビスト(文書館専門職)」の認証制度を、今(2020)年度より運用
する運びとなり、9月中に認証申請を受け
付ける旨を告示している。
 (2)博物館振興については、2018年10月より、文部科学省が一部を所管していた
事務管轄が文化庁に全面移管され、同庁において学芸員などの人材の側面も含め、
議論が成されている。なお、2019年9月には国際博物館会議(ICOM)の世界大会
が京都で開催され、「ポストICOM大会」を意識した取り組みが、博物館・文化領
域の各館・団体等で行われている。
 今回の講座では、こうした文書館・博物館領域での新たな政策動向の中、どの
ような形で図書館・文書館・博物館の連携を進めるべきか、講座に参加される皆様
とともに議論したい。
会場:大阪府立中之島図書館別館2階
    大阪市北区中之島1丁目2―10
    地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

図書館サービス研究グループ
2020.7.19掲載

図書館サービス研究グループ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,開催会場が利用できない場合はオンライン研究例会を開催予定。詳細については日本図書館研究会ホームページをご覧下さい。
〈2020年10月研究例会〉
日 時:2020年10月24日(土)10:00〜12:00
テーマ:「ネット時代,公共図書館は時事情報をどのように提供するのか?(仮題)」
発表者:石橋進一氏(同志社女子大学非常勤講師)
(2020年度図書館を学ぶ相互講座第8回との共催)
会場:大阪府立中之島図書館別館2階
大阪市北区中之島1丁目2―10
地下鉄御堂筋線/京阪電鉄「淀屋橋」駅下車,1番出口から徒歩5分
連絡先:中村恵信(神戸松蔭女子学院大学)
メール:toshokanhoushi@yahoo.co.jp

〈2020年10月研究例会〉は10月ご発表予定の、都築先生のご都合で、発表を
ご辞退されたので、7月発表予定の石橋先生の発表に差し替えます。

→ バックナンバー(開催済の情報)